フォト

こまねこ

こまちゃん CM出演♪

  • カコナール2V顆粒

にほんブログ村

  • にほんブログ村

カテゴリー「412 JR西 JR型気動車」の2件の記事

2015年1月 3日 (土)

新春ひとり旅 その② ~雪の鳥取旅情~編

 >>新春ひとり旅 その① ~鳥取・関金 お久しぶりです同窓会~編からの続きです。

■1月2日(金) 関金→倉吉→赤碕→関金 

昨年末からの風邪を引きずりつつ (インフルエンザは完治しましたが…) 、昨日の同窓会で大騒ぎしてしまったもので、朝起きると何だか体調がイマイチ
この日、関金めぐりをしようかと思っていたのですが、降り積もった雪でウロウロするのも難しく、しんどいのもあって午前中は宿でゴロゴロ

お昼から、お土産を買いに行こうと、ようやく動き始めました

20150102_01宿の近くでつくった「こまだるま」 バイキンマンみたいになっちゃったけど

バスの時間まで小一時間ありますので、バス停まわりをちょい散策

20150102_04関金橋から日吉神社方面を

20150102_05南谷大橋はツルッツル
みなさん、このスケートリンク (笑) を車でスイスイ走っていました もちろんスタッドレスですけど

20150102_06旧・関金駅前の路地にいた、でっかい雪だるま

そうこうしていると、バスの時間になったので、関金バスターミナルへ
倉吉駅のあたりまで出て、とっととお土産を買ったり送ったり
この後、どうしても山陰本線のディーゼルカーに乗りたくて、赤碕までちょっくら行ってみることにしました。

赤碕だと日本海も近いので、ちょっぴり海を眺めながらセンチメンタルな気分に浸ろうか…なんて思ったの で す が

 気温1℃  風速15m/s

駅から出て3歩で遭難しかけました

なので…

20150102_07 駅の跨線橋 (ここも十分凍えましたが) から、こんな写真を撮るのが精いっぱい
(後藤総合車両所キハ126系 キハ126 13 + キハ126 1013 八橋→赤碕)

20150102_08どれだけ、戻りの列車が待ち遠しかったか
(後藤総合車両所キハ47系 キハ47 3003 + キハ47 2008 赤碕)

しかしまあ、このパッチワーク塗装は、何とかなりませんかね ボロい車両が余計に痛々しく可愛そすぎまする

結局、この日はこんな感じでウダウダして終わってしまいました。本調子なら、もうちょっとアクティブに行きたかったのですが…う~ん、やむなし

■1月3日(土) 関金→倉吉→米子 

20150103_09関金最後の朝。ようやく大山がチラッと姿を見せてくれました。

45年半生きてきた中で、たった2年と9ケ月しかいなかったこの地、関金。
しかしその2年と9ケ月が、中学生時代という感受性の強い時期だったため、自己を形成するのに良くも悪くも大きな影響を受けました。
今の自分があるのも、この地で生きたからこそです。なので、これからの人生、ほんの小さな歩幅であっても、前へ (時には後ろかも…) 進みとどまらないことが、この地とここで出会った人たちへの恩返しかなぁ…なんて、ふと考えたりしました。

えっ、朝から大げさだったかしら

とにもかくにも、ホントにホントにありがとう

さてさて、いろいろ思いを巡らせながら関金に別れを告げ、タクシーで倉吉駅へ
運転手さんが、少子高齢化と過疎化をなげいておられました

駅に着くと…

20150103_10コナン列車 じっちゃんの名にかけて <<チガウ チガウ
(後藤総合車両所キハ126系 キハ126-1015 + キハ126-5 倉吉)

このとき、いろいろと親切にしていただいた駅員の方、本当にありがとうございました

20150103_11特急「スーパーおき」3号 (右側) に乗って、これから米子へ向かいます
(智頭急行HOT7000系 HOT7023他6連 / 後藤総合車両所キハ187系 キハ187-7他4連 倉吉)

20150103_12振子炸裂 ひっくり返るかと思った

山陰本線高速化事業のおかげで、30分ちょいという驚異の時間で米子到着 早っ

20150103_13まずは、JR西日本地域統一色同士の並び。JR東日本でも、この2形式並びなら新潟あたりで見れるのかな
(岡山電車区115系 G-04編成 クモハ115-1515他2連 / 後藤総合車両所キハ47系 キハ47-3013他2連 米子)

20150103_14どこか除雪してきたんでしょうか ご苦労様です
(後藤総合車両所 DE15 2520 米子)

20150103_15こ、この機関車… (愛知機関区 EF64 1023)

僕が鳥取に住んでいた1984年の夏、親戚のいる青梅へ所用で行ったのですが、このとき青梅線拝島駅で、EF64 1000番台に初めてお目にかかりました それが 何となんと、まさにこのEF64 1023だったんですよぉ~~ あれから30年、今度は鳥取県内で再会するとは
って…この感動、伝わりませんか

あ、そうそう。今春のダイヤ改正で、米子の貨物機能が伯耆大山に移転するとのことで、米子で貨物列車が見れなくなりそうなんです。なので、是が非でもここで貨物を撮りたかったのですが、正月で貨物輸送はお休み ザンネンでした

20150103_16鳥取で妖怪と言えば…ウォッチではなくて、ゲゲゲのゲ
(後藤総合車両所キハ40系 キハ40 2115 + キハ40 2095 米子)

お次は、特急「やくも」14号に乗って倉敷へ向かいます

        :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 >>新春ひとり旅 その③ ~水島臨海鉄道からの国鉄・こくてつ・JNR~編へ続きます。

2015年1月 1日 (木)

新春ひとり旅 その① ~鳥取・関金 お久しぶりです同窓会~編

大変遅ればせながら

みなさま、あけましておめでとうございます
本年も、青梅線、貨物、国鉄型を追いかけ倒していく予定ですので、よろしければお付き合いしてやってくださいませ。
よろしくお願いいたします

ご挨拶もそこそこで恐縮ですが、それではさっそく、新年初記事にまいりたいと思います

さてさて…僕は、この1月1日(木)から4日(日)まで、鳥取から岡山経由で広島まで、ブラブラひとり旅をしてまいりました

今回のいちばんの目的は、鳥取での中学校同窓会に参加することだったんですが、終わってみれば何がメインだったのか…という状態でして 自分で言うのもなんですが、まあ、大方そうなりそうな予感はあったんですけどね

日にち別に記事にしていきま~す

■1月1日(木) お家→京都→倉吉→関金

新春の「のぞみ」1号という、何だかとってもおめでたそうな新幹線に乗って、1時間50分で京都へ。

在来線ホームへ降り立つと…

20150101_01いきなり103系がお出迎え
(吹田総合車両所奈良支所103系 NS404編成 クハ103-186他4連 京都)

京都の人にしてみたら、フツーに奈良線を走っている電車なので、珍しくもなんともないんでしょうが、自分にとっては大興奮このうえない至福のひととき

そのうえ

20150101_02カフェオレ + 湘南 + ピーマンの3色混色や…
(吹田総合車両所京都支所113系 L09編成 + L15編成 クハ111-7707他8連 京都)

極めつけは

20150101_03スカイブルーの奈良線 まさか君に会えるとは~~
(吹田総合車両所奈良支所103系 NS414編成 クハ103-127他4連 京都)

ちょっとだけ実家帰ったら、普段来ないオジサンや良く知らないオバサンが根こそぎ集まってて、みんなからバンバンお年玉もらった…そんな感じでした
ホント、一日ず~っといれますよ、ここ

あ…ついつい忘れてしまいそうになってましたが、目的地は京都ではなく倉吉
しかも、乗車する特急「スーパーはくと」3号は、発車5分前じゃないっすか
乗ろ乗ろ

途中、おおさか東線の高架がかなり完成していて驚いたり、大阪環状線や和田岬線で103系がチラ見して感動したりと、見どころたっぷりの関西地区を過ぎると、上郡から智頭急行線に入り、爆走を開始しました

そして、あっという間に鳥取へ着いたのは良いんですが、天候が急変し、何にも見えなくなっちゃいまして

終点の倉吉に到着したころは…

20150101_04吹雪 吹雪
(智頭急行HOT7000系 HOT7002他6連 倉吉)

それでも、ほぼ定時に到着する日本の鉄道ってスゴイ

20150101_05どんどん降り積もる雪に、ちょっとばかし恐怖を感じ…
(鳥取鉄道部キハ47系 キハ47 1037他2連 松崎→倉吉)

20150101_06これから、どうやって関金まで行こうかと考えながら…
(後藤総合車両所キハ121系 キハ121-8 倉吉)

20150101_07それでも、鉄道写真を撮り続けている自分って
(鳥取鉄道部キハ47系 キハ47 84他2連 倉吉)

20150101_08結局、何だかんだ言いながら、かなり楽しんでます

そろそろ、真面目に関金へ向かわないと…と思いバス停へ

20150101_09すると フツーにバスは走っておりました。しかも時間どおりだし

道路は除雪されていないので、道だかなんだかわからない真っ白な大雪原を、結構なスピードでグイグイ走るじゃないですか
雪に慣れない身としましては、かなりスリリングなアトラクションでした

20150101_10そして到着 ツララがお出迎え

20150101_11雪で真っ白ですが、変わらぬ景色

旅館へは、ここからちょっとした坂を登って行きます。
消雪パイプがあるので、雪の心配はなかったのですが、ところどころ水がかなりな勢いで噴射されており、おかげでズボンの裾はビッチョビチョ

旅館までラスト100mというところに来ると…

20150101_12心臓破りの坂 (消雪パイプなし) がお待ちかね
キャリーバッグを引っ張りながらは自殺行為です

20150101_13どうにかこうにか、無事にチェックインすることができました。ヨカッタヨカッタ

このとき、公式情報では30cmの積雪だそうで。
関東なら交通はマヒし、イベントは根こそぎ中止の大混乱状態でしょうが、さすが雪国に住まわれるみなさんは、全然動じてなかったです。

この後、無事に同窓会は開催され、15年ぶりの人や30年ぶりの人と、あっという間に昔へ戻ることができました
30年の歳月、それぞれが別々に人生を歩んでいたのに、またこうやって時間を共有できることが、嬉しかったり不思議だったり。
僕は、中3の3学期に青梅へ転校してしまいましたので、ここには2年と9ケ月しかいなかっんです。それなのに、700kmも離れたこの場所に、今でも自分のことを覚えていてくれている人がいると思うと、うまく言えませんが、生きている実感がこみあげてきたというか…とにかく、力をもらうことができましたよ~。

今度はいつ会えるのかなぁ…

みなさん、ホントにありがとうございました

         :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 >>新春ひとり旅 その② ~雪の鳥取旅情~編へ続きます。

その他のカテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ